壊滅映画『台風家族』感想文(ネタバレないが悪口多数)

投稿日: カテゴリー 居眠り映画館タグ , , , , ,

《推定睡眠時間:0分》

千葉では台風15号の被害が甚大で中心部はともかくわりと僻地の方では台風通過数日経っても電気水道が復旧せずという大変な状況の中でこういうことを書くのは人としてどうかと思うのだが書かねばこちらの感情が復旧しないほどに観賞被害が甚大、俺観測史上最大規模に壊滅的な『台風家族』であった。
これから下は悪口しか書かないのでこの映画が好きだったりちょっとでも好きになれそうな人は読まないで早く帰ろう。台風は早めの避難が大事。ぼくも台風の日はレイトショーで映画観るの諦めて早く帰りました。

それにしてもどこから悪口を書けばいいのだろう。もう、全面的にダメなのでどのダメさを推すべきかわからない。
必ずしもそれが最重要ということはないにしても映画の基本はプロットである。じゃあプロットからいこう。バカじゃねぇかなんだよこのプロット成立しねぇだろそのオチ。

子供たちから疎まれているダメ親父(藤竜也)が銀行強盗で2000万奪って姿を消してから10年、法的にはもう死亡扱いなのでその子供たち、草なぎ剛、新井浩文、MEGUMI、中村倫也が葬儀兼遺産分配のために実家に帰ってくるというのが映画のストーリー。
兄弟がガチャガチャ喧嘩しているうちに2000万円事件の真実が明らかになってきて次第に親父はどこへ消えたのか? ってなミステリー展開になっていくわけですが、その居場所があり得ない。俺は紳士ですからネタバレはしないのでどうあり得ないのかは各自怪我をしないように重装備の上で映画館に行って確かめてもらいたいが、とにかく絶対にあり得ないのでびっくりすると思う。俺はした。

プロットダメ、次シナリオ。なんなんだこのご都合主義的に不自然なシナリオは。騒ぎを作り出すために無理に騒ぎにしている感がひどい。MEGUMIのホストみたいなチャラ恋人が彼女がバツありと知ってええええええと仰天するシーンとかがあるのですがバツで仰天するホストがこの世にいるかよ。いたっていいけど実はバツぐらいでええええええが出るカトリック保守みたいなハイパーピュア人間だったというならそのキャラクター付けはすべきだろうが。

っていうかなんでこいつ出したんだよこいつ蔵にこもってMEGUMIとセックスしたりオナニーしたりするだけで全然ストーリーに絡んでこないじゃねぇか。葬儀でセックスっていうのはあれかい『お葬式』でもやりたかったのか。軽妙洒脱な感じで。伊丹十三なりたい病か。いい加減にしろよMEGUMIのセックスは興奮したけれども上っ面だけ伊丹ぶってんじゃねぇよMEGUMIのセックスは興奮したけれども! そこはありがとう!

広告

草なぎ剛が急に暴れ出すところとかさ。暴れ出す必要性が全然ないしね。中村倫也が包丁持ち出すところとかもさ。包丁持ち出す必要性が全然ないしね。ストーリーの必要性だけでシーンを作っていく必要性こそない。が、その強引な騒ぎがいちいち取って付けたようで冷めてしまうし、その騒ぎ内容がベタすぎて全然面白くないのはまったくどうかと思う。どうせ無理に騒ぎを作るならもっと飛躍すりゃいいんですよ。あぁ飛躍ありましたね。YouTuberネタの飛躍があるんですけどうん! それはそれでバカじゃねぇのって思ったわ! なんなんだよその薄っぺらい時流乗り!

あと相島一之演じるダメな銀行員(このキャラクターがまた意味不明でATMの操作を教えながら客にブチ切れる人なのだがそんな銀行員はいないしブチ切れ相手の客が機械慣れしてない90歳のおばあちゃんとかならまだしもATMの使い方がわからない40歳ぐらいのマダムというのが何も考えていない感があってすごい、っていうか単に窓口に誘導すれば済む話ではないのか?)を序盤から無駄に推しすぎだよね。あのさぁ、途中から親父はどこだミステリーに変わるんならさぁ、そこはシナリオ上でクロースアップしなくてもよかったんじゃないすかねぇ。ちゃんと推敲してるのかと。つか編集で切っちゃえよそんなの。そこ編集で切って代わりに回想的に親父の真実の断片を入れりゃいいじゃない。なにを見せたいのかちゃんと決めて作ってほしいよ。

演技も酷い。俺はもともと草なぎ剛のアウトロー芝居は好きではないが今回はとくに板についてなくて酷かったと思う。「最低でケッコー屑でケッコー下衆でケッコー!」なんてとても見ていられない。見ていられないがそれは草なぎ剛が悪いっていうか演出を付けてる方が悪いんだろうと思う。映画として面白いかどうかはともかく『クソ野郎と新しき世界』の草なぎアウトローは別に下手だなぁとは思わなかったので。

最後に少しだけよかったところ。新井浩文の次男坊っぷりは相変わらず巧いなぁ。つくづく損失が悔やまれる。まだ裁判やってるのでなんとも言えませんがたぶん同意なかっただろうからちゃんと罪を認めて刑に服して相手の女の人に超謝って反省して10年後くらいに戻ってきてくれ。前科者の10年寝かせたろくでなし芝居は迫真だろう。
あと藤竜也、藤竜也の…も見事だったなぁ。見事だったのでなんでそこを、なんでそこを序盤から仄めかしておかなかったのかと…だいたいこの親父が子供たちから蛇蝎の如く嫌われている理由が例の2000万円事件以外には映像でほぼ出てこないし、俳優の芝居でなんとなく臭わせるということもないのでなんでそんなに嫌われているのかがわからない、わからないからオチで親父の真実が明らかになってもカタルシスがない。

ああ、良かったところを言うつもりだったのに悪口になっちゃった! それぐらい酷い映画だったと理解してもらいたい。あくまで俺にとっては。俺にとってはサイテー! な映画。

【ママー!これ買ってー!】


クソ野郎と美しき世界[Amazonビデオ]

草なぎ剛のアウトロー芝居もういいよ。

500
匿名さん

私も草彅剛のアウトロー演技は苦手で、だから、評判いい映画でもこんなに受け入れられなかったのかと思ってましたが、非常に納得しました。やっぱり脚本と演出がダメなんですよね!!!二時間、辛かったです…。(推定睡眠時間10分。なんで2000万必要だと彼女が嘘をつくことになったのかが分からなかった)