廃棄シナリオ夢の島

ドラマとか映画のシナリオコンクールの応募規定には大抵一度応募したシナリオの改訂再応募はできないと書いてある。俺のような底辺コンクーラーともなれば当然落選に落選を重ねてどこにも応募できなくなったシナリオというものが夢の島のように溜まっていくわけで、書いたはいいが誰の目にも留まらず何の役にも立たないシナリオの怨念がDドライブを汚染する羽目になるわけである。

これは供養せねばならん。というわけでPDF形式で投棄シナリオを公開、映像にもなってない公募シナリオを人に見せてどうなるものでもないのだが、作られた映画は人に観られなければならない(©柳下毅一郎)と言うし、書いてしまったシナリオもやはり人の目に触れられなければ成仏できないに違いない。

タイトルのリンクからPDFに飛ぶのでみんな読んでね☆ でもフリー素材とかじゃないのでパクったら生霊が行きます覚悟をしておけ。

『アスカとアキオの犬人伝説』

松竹版『八つ墓村』は全人類が好きなのでそういう感じのをやろうと思って過疎地域は怖いなぁ~っていう雰囲気とムーっぽい与太話を混ぜたミステリー/コメディ。2018年完成。400字詰め111枚。

城戸賞の二次を通過したやつの増補改訂版で、これが今のところのシナコン最高記録。一年ぐらいいじくり回していたのでそれなりに思い入れもある(しかしそのせいで段々わけがわからない展開になっていった)。なんなら自主で作りたいぐらいだが自主予算では内容的にかなり厳しく、とはいえDドライブ埋め立て地で死んでいてもらうのはあんまりな気もするので、どうにかならないかなぁと考え中。

本当は一話一時間ぐらいのシリーズものにして毎回主人公の二人が微妙な怪異をスルーしていくシュールなコメディの形にしたかった。美輪明宏が同時刻に別の場所でも目撃された謎を追う、とか。

『バイラルキラーズ』

ウーバーイーツでタワーマンションの配達に行くと特にコンシェルジュ付きのところなんかは防災センターで入館証をもらって業者搬入口に回らないといけなかったりするので入館がメチャクチャ面倒臭く、やたら時間が掛かるくせに距離移動はないので料金加算はないという理不尽な目に遭うが、そんな時になんとなく考えていた人殺しサスペンス/コメディ。2019年完成。400字詰め120枚。

これはとにかくどこに送っても一次落ちだった。あちこち送りつけてりゃどっかで一次ぐらいは通るだろと思っていたが読みが甘く、理由はだいたいわかっているのだが主人公らしい主人公を置かない群像劇だからで、あと付け加えるとすればウーバーイーツ配達員っぽい人が配達先で首を狩ってバッグに生首を入れて持ち帰る場面があったりするから。そういうのは求めてないんだよシナリオコンクールはッ!

でもこれも何年も書き直したりして怨念度は高いからなー。もうちょっと軸を明確にして再構成すればアイディア自体はまだ使えるんじゃないの? っていう気もするのですが、まぁ暗澹ムードで人を殺していくやつとかは巧拙関係なくやっぱシナコン通らないですよ。主人公のキャラが立っていて、明確なドラマがあって、やたらと暗かったりしないで(これでも無理矢理明るいラストに変えたので本来はずっと救いがなかったのだ)、あと血が飛び散ったりしない。そういうものを書きたくなる気持ちも分かりますが、そんなものはシナコンに送らないで自分のDドライブに秘めておくか、もしくは自主で撮ってしまおう。

『いつかタバコをやめようと思う、でもそれは今じゃない』

20枚シナリオ(400字詰めでは10枚)っていうのを募集している新井一賞に送ったもの。このコンクールはテーマがあって2020年は「台詞は嘘つき」だったので、一応そういうつもり。この文章を書いてる2020年9月28日の時点ではまだ結果がでていないが、発表が10月14日とのことなので連絡が来ていないということは落選なのだと判断して放出。どうせ10枚シナリオなんて他に送るアテもありませんしね。2020年完成。400字詰め10枚。

初めて書いた10枚シナリオにしては悪くない出来じゃないかとそれなりに満足していたが、ためしに知り合いに見せたら意図がまったく伝わってなかったのでこれじゃ全然なんだなと思ったりした。読み返してみれば確かに台詞が足らない。テーマであるところの「台詞が嘘つき」が表現できていないので、もうひとつふたつ主人公の台詞を短くてもいいから入れるべきだったが、ページ数ギチギチで入れる余裕なし。10枚の難しさを痛感した。ちなみに元ネタは江東マンション神隠し殺人事件です。

『コンビニ〈ヘイト〉』

今は亡くなってしまったっぽいが新人監督映画祭、俺だけの通称・中野映画祭というのが以前やってて、これは自主映画の上映会&コンペに地下アイドルのステージとか特撮映画のプレミアとかくっつけた結構な規模の映画祭だったんですが、シナリオ公募もあったその第一回に応募して入選したもの。審査員長のコメントは「自主映画部門に比べてシナリオ部門は…」と苦いものだったのでなんだか誇らしくない結果である。2015年完成。400字詰め63枚。

嫌な過去は忘れたい性格なのでパソコンを買い換えた時に移行しないで葬ったつもりだったが先日USBメモリーから発掘、たいへん久しぶりに読んでみるとこれでは感傷的に過ぎるしなんて平板でつまらない展開なんだと呆れつつ今の自分とやってることの変わらなさに絶望したが、クレーマーの厭さは戯画化されているとはいえ比較的よく書けているんじゃないかと自画自賛。これを書いていた頃は俺もコンビニ夜勤でわけわからん絡み方をしてくる超絶クレーマーに土下座したりして辛酸を嘗めていたので当たり前である。その意味では公募用シナリオというよりも一種のセルフセラピーであろう…。

ちなみに、審査員長には「オチがねぇ…」と個別コメントをもらったので、バトル展開をもう少しポップに盛り上げつつオチを明るくして書き直したバージョンもある。

『トレーディング家族ゲーム』

たしか朝日新人シナリオ大賞に出したものだと思うが、とにかく大慌てで締め切りに間に合わせたので後半のヤケクソっぷりがすごい、カードゲームとオカルト秘密結社を混ぜた厨二的脱力ミステリーのつもりで書いているので最後に探偵役が出てきて謎解きをするのだが、そいつが400字詰めで10枚分ぐらい一人で話す! いくらなんでも、とはさすがに思ったものの、もう書いちゃったしなぁっていう貧民精神に負けて応募、ちゃんと一次で落ちた。2019年完成。400字詰め129枚。129枚て。

でも廃棄シナリオとはいいつつ事件の真相というか悪者の目的が馬鹿馬鹿しくて好きなのでなんとかシェイプアップしたらちゃんと面白いシナリオになるんじゃないかとは一応思っている。発想はそう悪くないと思うんですよ発想は。カードゲーム題材のドラマとか映画というのは少ないからオリジナリティもあるし…ただそのカードゲームがオカルト儀式に使われる物語の都合上、既存のものは使えないから新しいカードゲームを自分で作ってシナリオの中で一からどういうゲームかっていうのを説明したりしているので、どんどん説明が長くなり、ページ数も多くなり、収拾がつかなくなり…みたいな。まぁ、詰め込みすぎてはいけないという格好の素人教材にはなりましたが。

『ザ・レジェンド・オブ・ドラゴンスラッシャーマフィア』

ブルース・リーの映画なんか大して興味もなかったがリバイバル上映やってたので何本か観に行ったらアクションが超面白いし基本的にヘボいストーリーも溜飲が下がる感じで全然良かったしなによりブルース・リーが強くてダサくてかっこよくて大興奮。やっぱそういうのが映画だよなと盛り上がってしまったのでその勢いで書いたもの。2020年完成。400字詰め換算102枚。

カンフーマスターとスラッシャー殺人鬼が戦ったら面白いし巻き添えで反グレの人をたくさん倒したら楽しいじゃんっていう素朴な自主映画的発想が微笑ましくてよいが脚本賞に出すものではないだろと今になって読み返すと思う。自主映画的発想とは言ってもかなり娯楽映画らしさを意識して書いているが、俺の場合は娯楽っぽいものを意識すればするほど成果が出ないので、これも城戸賞の一次すら通らなかった。お話とか台詞がおもしろいものではないのでとくに手を加えてマシになるところもなく、このまま成仏してもらおう。

※と言いつつ直したら多少良くなりそうなところが見つかったので上リンクはそこを直した新版、旧版はこっちの方に置いときます。

(ほか、順次追加予定)