すばらし児童映画『悲しみに、こんにちは』の感想(ネタバレ多少ある)

映画史的なとか映画技法的な評価尺度で見たらどうか知りませんが個人的な映画体験としては『ミツバチのささやき』の横に並んだのでやばかった。

美しい国の映画『未来のミライ』感想文(ネタバレと悪口あり)

6000字超のいちゃもんとかすげぇ久しぶりなのですげぇそれはねぇだろっていう映画だったということですいや俺にとってはね。

原作未読で『BLEACH』感想(ネタバレ微妙にあるかもしれない)

どうせ叩かれるのは分かっているが『BLEACH』の実写映画化だと思うから悪い。『青龍伝説』と『銀狼怪奇ファイル』のジョイント劇場版だと思って見れば最高。

『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』雑感(ネタバレ含)

『LIBERATION DAY』の題が『ライバッハ・デイ』になるのもある意味では自主的な検閲行為なんであるみたいに思わせたりする批評系ドキュメント。

シュワを殺れ映画『キリング・ガンサー』の感想

シュワルツェネッガーVSクリストファー・ノーランの異種格闘技戦として見れれば映画も人生も楽しくなる。

世の中だいたいなんとかなる映画『セラヴィ!』感想文

だいたいなんとかなるので大丈夫なおもしろ映画。音楽とかめっちゃよい。

妊婦恐怖譚『インサイド』の感想(ネタバレないはず)

酷い系フレンチ・スプラッター『屋敷女』の英語リメイクということでいやそれは無理だろと思ったらやっぱ無理だったが違い方向への翻案が見事でおもしろかった。

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の感想(ギリでネタバレたぶん無し)

バイオハザードの4をクリアした後にPS版の2を懐古プレイする感じで観ればたぶん面白く観れる。

実存的恋愛青春映画『虹色デイズ』感想文(ネタバレ容赦なし)

保守的な地方学園映画の中でも特に保守色が強いが思想的なものはまったく感じられない無思慮が逆におそろしいばかりのつらい系シネマ。

『カメラを止めるな!』雑感(完全ネタバレなし仕様)

全然関係ない映画との比較感想になってますがよく似た作りのあれじゃないからネタバレじゃないしネタもない。