【ネッフリ】『アメリカン・ミーム』を見る!

見た目からは想像しにくいが意外と骨太なドキュメンタリーで面白かったです。

実録ムエタイノワール『暁に祈れ』感想文

主人公ビリー・ムーアの主観として物語が進んでいく映画なのでリアル前科者キャスト&リアル刑務所ロケの効果たるや半端なく胃袋を握りつぶされるような臨場感。すごいぞ!

ゴッタ煮ホラー映画『来る』面白かった感想(ネタバレわりとあり)

ストーリーをあれこれ読み解くのも面白いし、映像と音の流れに身を任せるだけでも満腹。色んな楽しみ方と取っかかりがあるレゴブロックみたいな映画だとおもう。

右翼SF映画『ハード・コア』感想文

なんだかとても冷徹で批評的、ハードボイルドなシニシズムが全開。ロボオのキッチュに反して客を拒むような映画であった…。

壮絶映画『ポリス・ストーリー/REBORN』感想文(ネタバレあり)

まだ全然咀嚼できていないがなんかすごい映画を見た感はあった。ちなみに一番衝撃を受けたところは恒例のNGシーン集の最後でジャッキーが言い放つ「続編も撮ろう!」。

国境ノワール『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』感想文

絶望的カオス状況にわかるわかると頷きながら誰一人感情移入できないノワール感がよかった。誘拐されるガキまで憎たらしくて可哀想になったりしないからガチ。

映画版『人魚の眠る家』面白かった感想(オチバレなし)

とにかく、画で見せる。実写SF映画不毛地帯の邦画界に一輪のケバケバしい花が咲いた感じで面白いし面白い以上に、うれしい。

末期映画『スカイライン ー奪還ー』の感想

ギャグ路線から格闘路線に転向したジャンプ漫画のパワーインフレで収拾がつかなくなった連載末期を見ているみたいでどうかしていたがジャイアント最高。

幸福の映画『宇宙の法 ―黎明編―』を見た(含ネタバレと悪口)

前半は前作『UFO学園の秘密』の延長線上のファンタジーアニメで面白いが後半はRYUHOの講演でしかないという(いつもの)劇的なアンバランス。

ハロウィン映画『ルイスと不思議の時計』の感想(わりとネタバレ気味)

オバケがいっぱい出る映画は楽しいものと相場は決まっている。なんかまとまりのない締まりのない妙にせせこましい映画だったが『アダムス・ファミリー』みたいで良かったです。