アメリカこわい映画『リグレッション』感想(ネタバレ全力)

いかにもラブクラフト的邪教の蔓延ってそうな寒々しい田舎風景とイーサン・ホークの精神崩壊っぷりが良い感じの田舎怪異譚。

女優メルヘン怪談『累 ーかさねー』の感想(ネタバレ若干注意)

いつもの泣き推し漫画原作もの映画かと思いきやメルヘン風味もありつつの真剣女優VSもの怪談。おもしろかった(原作未読)

驚愕ミステリー映画『夏、19歳の肖像』の感想(ネタバレまったくない)

タネ明かしの内容より仕方に驚愕な原作・島田荘司の青春ミステリー。おもしろかったが真面目な人は怒る可能性がある。

どうぶつ映画『皇帝ペンギン ただいま』感想文

撮影技術の超向上とペンギン台詞の撤廃により前作よりもっと全然おもしろくなったコウテイペンギンドキュメント。

その惹句ギリでアウトじゃないの映画『追想』の感想(ネタバレ爆発)

全部イイ。もう一度言いますが全部イイ。興奮のあまりネタバレが暴発。

呪い家映画『ウィンチェスター・ハウス』の感想(ネタバレあり、わりと見た人向け)

ある意味ウィンチェスター邸伝説の想像的エピソード0、にして呪いが呪いになる決定的瞬間を捉えたサイコロジカルホラー。これは面白かったなぁ。

砂漠でひとりぼっち映画『ALONE/アローン』の感想

ソリッドシチュエーションものと思わせておいて劇的にエモいアーミー・ハマーに何かが濡れるウェットな砂漠ひとりメロドラマ。

朦朧映画感想『ファントム・スレッド』(朦朧ネタバレ注意)

ファッション綺譚をファッション文盲が観るとこう見えるという朦朧感想。朦朧としながらネタバレした気もするがよくわからない。

原作読まずに映画『ママレードボーイ』感想

少女漫画原作映画の爛熟を感じる技術的には今年最高の少女漫画原作映画候補。すごいぞ!(おもしろいかどうかは別として)