【ネッフリ】『嵐の中で』超面白かった感想(ネタバレなし)

投稿日: カテゴリー ながら見ネット配信タグ , , , , , ,

《推定ながら見時間:10分》

いかにも面白くなさそうに始まるので(ネッフリ独占配信ものだし)最初の方は容赦なくながら見してしまったが未来との交信&世界の更新後は画面から目が離せなくなってしまったしそれから最後まで離す隙を与えてくれなかった。
ハリウッドリメイクかもしくは韓国リメイク決定。いや、あくまで俺の中でだけですが、でもこれはもう目ざとい映画人が母国語リメイク権買ってるんじゃないすかね。

なにしろシナリオが圧倒的に面白いし、それが地域性とあまり関係の無い(あるにはあるのだけれど)普遍的な面白さだからどこの国でどこの言語で翻案しても成立するっていうか、むしろローカライズ的に肉付けできそうなポイントは多々あるので、リメイクしたら更に傑作になりそうな感じである。

いやぁ本当びっくりしたなぁ。ネッフリで観た思いがけず面白かった映画ランキングだったら『ROMA/ローマ』なんか余裕で超えてますよ。卑怯だとさえ思うね。『嵐の中で』とか絶対つまらない映画のタイトルじゃん。騙されたわー、良い意味で。

そのストーリー。観測史上稀に見る嵐が迫り、ベルリンの壁が絶賛崩壊中の1989年11月9日、そんなことはどうでもいいスペインのギター覚えたて少年ニコくんは家にあったハンディカムで演奏風景を宅録していた。

と、隣家からなにやら穏やかならざる男女の声が。というわけで早速行ってみるとそこにはまさかの隣人夫妻の妻の死体、包丁を手にしたその夫。
殺される! 咄嗟に駆けだしたニコくんは脇目も振らず道路に飛び出して轢かれ死んでしまう。憐れニコくん、安らかに。

さて時計の針は一気に進んで2014年、看護師のベラはやさしい夫とかわいい娘に恵まれ幸せ生活の真っ只中。新しい家にも引っ越してきて新生活に期待も膨らむ。
少しだけ気がかりなのはなんだか天候がとてもよろしくない。お天気ニュースによれば1989年の時とそっくりの大嵐が迫っているという。まぁ大丈夫だろう、気にしない気にしない。

ところでその新居、実は中古物件。その近辺に住んでいる夫の友人の計らいで譲ってもらったとかそんな経緯らしいがー、引っ越し記念のプチ晩餐会の席で友人はふと漏らしてしまう。むかし、このあたりで殺人事件があってね。それを目撃したぼくの友達は不幸にも車に轢かれて…。

ベラたちは娘の子供部屋のクローゼットに古いブラウン管テレビとハンディカムを見つける。その家こそかつてニコくんが住んだ家、そのハンディカムこそニコくんがギターを宅録したカメラであった。そして再び、あの嵐が…。

広告

そこから始まるミステリー&時間SFの展開は口外不可の域なので感想がたいへん書きにくいが、とにかく面白かったとだけは言っておく。
これぐらいはネタバレならないだろうっていうところで面白かったポイントを上げると、小道具の使い方なんかは非常によかったですね。

謎のマッチとか。夫婦の肖像画とか。イニシャルの刻まれた腕時計。駅名の記された標識。脳神経外科手術。ワームホールを題材にした話題のSF小説その名も「ミラージュ」。
あぁはいはいそのパターンねって思いました? 大丈夫ですあなたはたぶんわかってません。ふっふっふ。

ハンディカムとブラウン管テレビが過去と未来を繋ぐというのもノスタルジックで面白い発想だったが、1989年のベルリンの壁崩壊の状況を物語の小道具的に使ってるのも巧いなぁと思いましたね。
その混乱を帯びた変革の空気はまたなにか過去と未来のSF的接続に必然性を与えているようでもあり、ベルリンの壁といえば俺にとってはデヴィッド・ボウイのあの美しい「ヒーローズ」ですが、あり得ないような恋愛に説得力をもたらしていたようにも思う。

ながら見で適当に観ていたから細かいところは結構スルーしてしまっていたが、もう一周とはいかなくともポイントポイントで見返してみると、なるほどあの時のあの人の表情は! あぁ! そうだったかあの何気ないシーンが意味していたのは! おぉ! 伏線の魔術師っぷりに瞠目しっぱなし。

ぶっちゃけ謎として提示されるストーリーの核心部分は蓋を開けてみるとかなりショボいものだったりしたが、二転三転四転五転とどこまでも転がりながら伏線を回収していく展開の妙と時間SFの醍醐味を感じさせてくれる飛躍がそんなショボさを余裕で凌駕。
ミステリアスで不穏なムードが立ち込める暗めの映画として進行していくものだから最後らへんの転調にはそうくるかぁぁぁと興奮しつつボロォォォンとギャップ泣きしてしまったよね。俺Netflixの映画で泣いたの初めてですよ。マジで。

というわけでネタバレを口走らないうちに映画とは別に関係がないのだが「ヒーローズ」のそれっぽい一節を引用して感想を終わろう。観てない人は絶対みるように。マジ面白いっすから。

Though nothing
will keep us together
We could steal time
just for one day
We can be Heroes
for ever and ever

何者も
僕たちふたりを守りはしないけれど
僕たちは時を盗みとることができる
たった一日だけ
僕たちは英雄になれる
永遠に いつまでも
※『ヒーローズ』邦盤ライナーノーツから北沢杏里さんの訳を引用

【ママー!これ買ってー!】


あなた、そこにいてくれますか [DVD]

これもびっくりしたなぁ、タイトルからは時間SF感が全然香ってこないものだから…ていう時間SFの面白いやつ。
後に『焼肉ドラゴン』で日本映画にも進出することになる韓流スター、キム・サンホの強烈な存在感がコリアンSFの世界をたとえ拒んでも観ている者に叩き込む。

500