【そこそこ徹底ゲーム考察】『ペルソナ2 罪/罰』(その5)

投稿日: カテゴリー 妄想喫茶店タグ , ,

前のやつ↓
【そこそこ徹底ゲーム考察】『ペルソナ2 罪/罰』(その1)
【そこそこ徹底ゲーム考察】『ペルソナ2 罪/罰』(その2)
【そこそこ徹底ゲーム考察】『ペルソナ2 罪/罰』(その3)
【そこそこ徹底ゲーム考察】『ペルソナ2 罪/罰』(その4)

個人的『罪罰』事典もハ行まで来ました。もうすぐ終わるぞ、もうすぐ終わると思いたい。

珠閒瑠市

「すまる」とは聞き慣れない言葉。しかしこれはプレアデス星団の和名の一つだそうで、ゲーム中でもマイヤの託宣の中にメジャー和名「昴(すばる)」が出てくるが、それとは別に地域によっては「すまる」と呼んだりするらしい。

珠閒瑠のネーミングはダブルミーニングの可能性があり、上に加えておそらくこれも、と思われるのが幻覚剤(おもにLSD)を用いた精神解放実践でジョン・レノンらニューエイジャーの心を掴み、遠くは『マトリックス』にまでその影響を見ることが出来る〈LSD教祖〉ティモシー・リアリーの提唱する「スマイル計画」である。

リアリーによれば人間は七段階の神経回路を持っており…まこのあたりは科学用語で武装した神智学というかヨーガの翻案というか、人間はすごい潜在力を秘めているが日常生活を送っているとその能力は眠ったままだから開発しよう! というベタなやつなのでスルーしてよろしかろうと思いますが、面白いのはそのために構想されたスマイル計画、これは何かといえば宇宙移住計画です。

地上にいたら重力とかなんとかで色々たいへん。それが人類の神経進化の足かせになっている。今こそ宇宙に飛び出して進化しようではないか。宇宙の無重力空間なら人間の秘めたる神経回路がパカァと開花するに違いない。そうすればきっとテレパシーとかだって使えるようになるのだ。だから、スマイル計画。宇宙コロニーを作って移住すべきである、云々。まぁニュータイプですよね。

リアリーの脳神経にスマイル計画が去来したのは1973年の夏、麻薬所持等々の罪で投獄された時のことだった。それ以前に何度も投獄されているので獄中生活など慣れたもの、そのころ既にニューエイジャーやヒッピーのスタアだったリアリーは大胆にも獄中でシンパと共に地球外生命体とのコンタクト実験を行い、宇宙人から通称スマイル・メッセージと呼ばれる電波を受信した(とされる)

モノがモノなので引用を若干躊躇するが、まぁ半信半疑で読んでもらうとして(内容ではなく情報の正確さという意味で)、その体験を基に著されたリアリーの『神経政治学』を種本にしたと思しい武田崇元の終末予言本『ハレー彗星の大陰謀』にはスマイル・メッセージの趣旨は次のようなものだったと書かれている。

いよいよ人間が惑星という子宮を離れて、星間を歩むようになるときが到来した。
われわれは、宇宙に君たちが目を向けるときがやってきたしるしに、太陽系へ彗星を送っている。
〔…〕
進化のゴールは、君たちが、君たちの両親でもあるわれわれが待つ銀河系ネットクークと通信し、帰還することのできる神経回路をみずから作り出すことにある。
君たちは、今やその中途の段階にまでさしかかっている。あとは自分たちを宇宙的存在として確立し、潜在する変異を通して進化し、七つの脳の段階を経て変身することだ。
そのときこそ、君たちの帰還の旅が可能となるのだ。
君たちの精子である字宙船こそは、地球外生命への架け橋という開花なのだ。
『ハレー彗星の大陰謀』p.90

「彗星」を「グランドクロス」に置き換えれば、これはほとんど須藤竜也がマイヤ人から受信した託宣の解説のようなものだろう。『罪』ラストでのフィレモンの言葉にもその残響は感じ取れる。こういうわけで、プレアデス系星人・マイヤ人の残した宇宙船シバルバーが地下に埋まる地は珠閒瑠と呼ばれ、マイヤ人の末裔(と、イデアル先生は語る)たる珠閒瑠市民はシバルバーに乗って進化の旅に出るんだろう。
ちなみに珠閒瑠市はS字に流れる七夕川で東西が分れた円形の都市として描写されるが、この陰陽図模様はおそらくユングが自らの思想をしばしば陰陽図に喩えたことに由来すると思われる。

広告

電波系

世紀末鬼畜作家の村崎百郎が読者に刺殺された事件の第一報を目にしてふと、どこかで聞いたことがあるような? とデジャヴを覚えた。その時まだ村崎百郎知らない。少なくとも意識には上らない。しかし名前は確かにどこかで聞いたことがある。
あれこれ考え辿り着いたのが前になんとなく古本市で買って積読、というか本棚に埋葬していた90年代悪趣味ムック『あぶない一号』創刊号だった。で、村崎百郎の名を世間に知らしめた『あぶない一号』のゴミ漁りエッセイを読んで、俺の中で因果の糸が繋がった。そこにはまぎれもなく、あの大好きだった、好きすぎてプレイ当時(小学生)将来の夢を聞かれて「放火魔!」と元気いっぱいに答えてしまうほどだった、須藤竜也の元型が認められたのである。

日々穢れてゆく俺の身体と心は、やがて霊的に拡散してこの都市の闇を覆うだろう。俺の霊体が下水から侵入して、便器にまたがるあんたのケツをナメる日もそう遠くないだろう。もっとも、その前にキ○ガイ●院からスカウトが来そうだけどな。くっくっくっ、俺はぜったいにやるぜええええええええ。
『ダスト・ハンティング 霊的ゴミ漁り』(『あぶない一号 1』p.133)

あ、しかもお前、俺の事馬鹿にしてんな、見下してんだろ? 冗談じゃねえぞ立場考えろよ勘違いするなよ俺はおめぇみたいな爛れ切ったおめこの臭い女なんかと寝るような趣味はねぇぞお前のあそこにちんぽこ突っ込むぐらいなら肥溜めに飛び込むわ。うす汚い期待すんじゃねぇこの好きもんがあ! 別に●●じゃなくても誰だって良かったんだろうがそんなに好きなら馬でも飼えよ馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿。
『ゲスメディアとゲス人間――ワイドショーへの提言』(『村崎百郎の本』p.70)

お前らがどんなタテマエのもとにいかに上品な文章を載せようが、俺達ゲス人間はそこからいくらだってド最低の情報を妄想できるんだ。どんなに心温まる上品な美談を船介しようが、そこからいくらだって便所の底を突き抜けて地球の裏側まで届きそうな下劣な物語を妄想できるんだ。もう一度言う、すかしてんじゃねえ。お前らが上品か下品なんてのは俺の心掛け次第なんだよ。誰も人が心に想う事を止めることはできない。妄想力は人間に残された最後の下品な可能性だ。糞尿が溢れる黄金の大海原を夢想した事はあるか? 空いっぱいに飛び交う善男善女の淫波を脳で受け止めた事はあるか? 糞の匂いの中には最も人間的な温かさと醜さが同君していて心地良いんだ。
さあ、あんたも来いよ。俺は肥溜めの底で待ってるぜ。
前掲書 p.77

…須藤竜也である。この口調、この発想、完全に〈電波系の狂人〉須藤である。特に最初のパラグラフの都市に拡散する村崎、なんていうのは『罰』のジョーカー須藤の着想源じゃないだろうか。最後のやや長い引用も『罰』の須藤を思わせるところがあるし、この村崎百郎最初期のエッセイがワイドショーの醜悪さを逆説的にあぶり出すもの(であると同時に愛の表明でもあるのだが)というのも、『罰』において新世塾がジョーカー拡散にワイドショーを利用したことを思えば感慨深いものがある。ついでに言えば『罰』の須藤はジョーカーを演じる際に片目だけ穴を開けた紙袋を被っているが、村崎百郎もメディアに姿を見せる時には必ず片目だけ開けた紫頭巾を被っていたのだった。

広告

90年代の村崎百郎は幻聴体験を度々語っていたため電波の語句がゴミ漁りや鬼畜と並んで村崎のキャラクターの象徴となった。多く統合失調症の症状と考えられる(つまりドラッグのように人為的で一時的なものではなく、自然発生的で常態化した)幻聴や支離滅裂な思考が電波と表現されるようになったのは1981年の深川通り魔殺人事件において、犯人の川俣軍司が犯行動機を「電波に操られた」からだと語ったことが大きい。

その電波凶行イメージの典型例として描かれるのが日蝕を神格化したアステカ神話の悪鬼ツィツィミトルの発した電波に従って放火を繰り返した『罪』の須藤竜也だが、それにしても『罰』で須藤が入院させられていた精神科病院閉鎖病棟のホラー的な演出も含め、統合失調症を含む各種精神病の一般的な理解がよくわからん病枠から日常病枠へと移行しつつある今なら人権侵害ものである。

村崎百郎が脚光を浴びるのは1995年の地下鉄サリン事件後のこと。同年7月に『あぶない一号』創刊号に参加、翌96年には主著『電波系』『鬼畜のススメ』を連続刊行。村崎追悼本『村崎百郎の本』には村崎百郎の読者だった若手ライターの村崎鼎談が掲載されており、村崎百郎やその仮面の下に隠された黒田一郎に縁のある人物の寄稿が大半を占めるこの本の中では異質な、本人と直接関わりのない読者が率直な(乾いた、と言ってもいい)放言を垂れるコーナーになっているが、そこで語られている村崎百郎の像はオウム後の時代が求めた「アイデンティティ・ゲーム=自分探し問題圏の人」(九龍ジョー)、ジョーカー的なペルソナである。

須藤のキャラクターからすればリアルタイムで村崎を読んでいたことはほぼほぼ間違いない里見直もそこに同じような像を見ていたのではないか。
自分のケータイから自分のケータイに電話をかけるとジョーカーが現れる。「霊的に拡散してこの都市の闇を覆」ったジョーカーが本来なら不可能なはずのもう一人の自分との対面を仲介する。殺すにしてもアイドルになるにしても、願望を叶えるのはジョーカーの影に隠れた自分自身なんである。

無意識との遭遇に伴う自我の解体と自己の再構築は『ペルソナ』シリーズが依拠するユング心理学の核心だが、おそらくそのために村崎のイメージが求められたのだろう。上の鼎談では磯部涼とさやわかに本気の鬼畜になろうとしてなれなかったメジャー/マイナー図式で思考する単純な二項対立の人(なので時代に置いていかれた)とざっくり斬られてしまっている村崎ではあるが、ゴミ漁りにしても電波にしてもその実践は村崎百郎のペルソナを被ることでのある種の自己実現に還元できるものとは思えない。

それは黒田一郎の自分探しであると同時に、ゴミから他者の物語を見つけ出し、電波で他者の声を発信し、ゼロ年代は唐沢俊一との時事対談『社会派くんが行く!』が主な仕事となるように(そしてそこでの村崎は意外にも唐沢をアシストする役なんである)、道端に捨てられた誰かの叫びや願望を全身で受け止める空虚な依り代となるための自分殺しでもあったのではないかと思う。

シベリアで生まれ幼少期から絶えず電波を受信していたゴミ漁りの工員村崎百郎はマウンティングに余念がない輩が訳知り顔で言うように作られたキャラクターではない。少なくとも電波に関して言えば、村崎は確かに名も無き他者の発する声をいつでも頭の中で聞いていたのだ。だからこそ電波依り代・村崎百郎に成る必要があったし、それはメジャーに対するマイナーの抵抗というよりは、安定性の揺らぎはじめた秩序の中に身を置きつつ、そこに内在する見えざる混沌を可視化して秩序の再生ではなく再構築を試みる、統合を失調した自我/社会の破壊的な統合の行為なのである。

この鼎談ではまたインターネットの普及が村崎的な露悪表現を時に村崎よりも洗練された悪趣味センスを発揮する素人に開放し、したがって大文字の悪趣味を標榜する村崎の仕事は徐々になくなっていった、というポストモダン的な物語が語られるが、それは一面では実際にそうだとしても、そのことで村崎の実践が今や無価値な過去の遺物となったとは思わない。
たとえば洗練された悪趣味・メンヘラの例として挙げられる神聖かまってちゃんの成功は、それが洗練された悪趣味として受容される秩序の層が一部に確立された、というコードやコンテクストの話に過ぎないのではないかと思う。

明らかに、村崎はそうしたジャンルとしての悪趣味に留まろうとした人間ではなかった。インターネットにあるのは全面的な無秩序ゆえの逆説的な秩序ではなく、無秩序の中に無数の異なる秩序の林立する島宇宙であり、村崎はその複数化した現実こそ自らの問題として引き受ける。電波の扱いが村崎よりもスマートという意味では絶賛伸長中の幸福の科学も同じであるし、オルタナ右翼やトランプ等々の各種デマゴーグもそうである。居場所の問題ではなく統合の問題であり、だからこそ村崎は領域横断的に活動したのであるし、「電波系」なのである。

最終的には麻原のコピーとなることが信者に求められたオウム真理教の破局後、あたかもその穴を埋めるかのように頭巾で素顔を隠した誰でもない者として村崎は現れ、1999年の『罪』では恐怖の拡散者キングレオとして、2000年の『罰』では人々の穢れを吸って肥大化するジョーカーとして、混迷の90年代の清算を試みるのだ。

広告

プレアデス人

プレアデス星団は『罪罰』の中核的なモチーフだ。なにせ達哉たちの通う高校名がギリシア神話のプレアデス七姉妹から採られた七姉妹学園、舞耶の初期ペルソナは七姉妹の長女マイヤ、珠閒瑠=プレアデス星団であるし『罰』にはホテル・プレアデスというのもある。
プレアデス祭り。須藤竜也にマイヤの託宣を下した(と、橿原先生が思い込んでしまう)のもプレアデス星系のマイヤ人である。人類の故郷は地球ではなくプレアデス星団であった(と、橿原先生は思い込んでしまう)

今日では幸福の科学がその世界観に取り入れていることでも知られるプレアデス人のミームはスイス人チャネラー、ビリー・マイヤーに端を発する。マイヤーがプレアデス人の宇宙飛行士・セムヤーゼと接触したとされているのが1975年、以降マイヤーはセムヤーゼから得た超人類的な知識を地球人に伝授すべくUFO写真を人に見せたりする超人類的啓蒙活動に入り、UFOがイケイケだった時代の波に乗ってプレアデス人のミームは世界中に(かどうかは知らないが)広まった。

プレアデス人が今でも一部の人々の心を掴んで離さないのはそれが現生人類の祖先ないし近縁とされているからであり、現生人類の目から見ればいずれそうなるべき高次の人類とされているからである。
マイヤーの記述に多くを負ったと思われるチャネラーのリサ・ロイヤルはキース・プリーストとの共著『プリズム・オブ・リラ』(邦訳は1992年)で、シュタイナー人智学を土台にプレアデス人を含む「銀河宇宙一族」の歴史の体系的記述を試みている。

曰く、最初に「大いなるすべて」があった。「大いなるすべて」は完全であったがあるとき分裂を経験してみたくなった。ここからあらゆる生命の原意識が生まれ、分裂の意志が誕生の契機であったがゆえにその原理は光と闇、善と悪、男と女などの二項対立となる。そして二項対立を原理とするがために選択の自由が生まれ、これが自由意志ということになる。自由意志、これが「大いなるすべて」を忘却した人類に残された「大いなるすべて」の片鱗であり、「大いなるすべて」に続く道である。

魂にとっての挑戦は、自分に自由意志があることを思い出すことである。自由意志の行使こそが、神聖な記憶をよみがえらせる鍵なのだ。
『プリズム・オブ・リラ』p.23

さて、こうして生まれた生命の原意識は琴座(リラ)の超次元ゲートみたいなのをくぐって「創造の礎たち」なる集合意識に変化した。これが「銀河系宇宙一族」の直接の祖先、宇宙人版のミトコンドリア・イヴである。「創造の礎たち」は更なる分裂を行い銀河中に散らばった。こうして琴座人とかシリウス人とかベガ人とか色々生まれる。その中にプレアデス人もあった。

〈地球人の同胞〉プレアデス人の歴史は波瀾万丈、なんでも外向的・好戦的な男性原理派の琴座人と内向的・平和的な女性原理派の琴座人が争って、そのネガティブな影響を嫌った琴座人の一団が戦火を逃れて太古の地球に移住した。そしたら地球はなんか暮らしにくかったので霊長類の遺伝子をちょっと貰って自分たちで地球に適応するよう遺伝子編集を施した。地球人の同胞と呼ばれる所以であるが、まだ全然終わりではない。

遺伝子操作までしてやっと安住の地を見つけたかと思われた地球系琴座人であったが、そこに別の琴座人集団がやってくる。その集団は自分たちとは逆に霊長類に自らの遺伝子を組み込んだりしはじめたので地球系琴座人は憤慨する。だが争いの放つネガティヴィティを好まぬ彼らは再び亡命を選ぶ。こうして見つけたのがプレアデス星団であった。だがまだ全然終わりではない。

プレアデス星団に移住して幾歳月。その間プレアデス星団では戦争もなく平和そのもの。すばらしいことではないかと思うが平和は宇宙人をボケさせる、ネガテヴィティを嫌うあまりいつしか自らのシャドウを追い払ってしまったプレアデス人は活力を失い衰退期に入る…とここで折から身内で戦争をしていたオリオン人の電波をプレアデス人は受信する。シャドウを失ったプレアデス人は善悪の葛藤を求めて加勢した。その結果とても栄えていたプレアデス文明はボロボロになってしまった。だがまだ全然終わりではない。

そのころ地球では例の遺伝子組み換え琴座人が「創造の礎たち」の電波を受けて地球人創造計画の真っ最中。その計画には霊長類の遺伝子を持つプレアデス人も必要だった。ボロボロのプレアデス人は計画に協力する。見返りに地球人が悪いことをしたりしないよう監督する権限を与えられたプレアデス星人は原初の地球人たちから神として崇められることになる。こうした過去からプレアデス人は現在でも地球にふらりと立ち寄ったりする。マイヤーのコンタクトもその一例である。だがまだぜんぜ…もう終わりでいいな!

ともかく、これはリサ・ロイヤル史観ではあるが、宇宙人業界では概ねこんな感じでプレアデス人が理解されているらしく、霊性進化を遂げたくば自由意志でもってプレアデス人とコンタクト取れ、まぁ親戚みたいなものだし助けになってくれるだろう…会いに行けるアイドルならぬ会いに行ける宇宙人、それがプレアデス人なのである。しかも会いに行ったらちょっとだけ魂のステージ上がる。

微笑ましい与太話だが集合意識やシャドウの語が使われているように『プリズム・オブ・リラ』もまたその理論に(シュタイナーの影響を受けたと言われる)ユング心理学を援用したオカルト本であり、っていうか90年代のオカルト本だいたいユング心理学に依拠しているのだが(『古代マヤ文明が日本を進化させた』も明らかにそうである)、ここにはオウム真理教や幸福の科学なんかの新新宗教に入信者が求めたかもしれないもの、どうせできやしない世界の変革の代替行為としての自己変革の願望、それを自らの自由意志で選択することでのエリート意識の獲得、等々が見出される。

ビリー・マイヤーがプレアデス人・セムヤーゼと遭遇したのはティモシー・リアリーの宇宙人コンタクト実験の2年後である。リアリーが名前を与えなかった宇宙人に具体的なイメージと名を与えて拡散したのがマイヤー、と言えばビリーバーの人に失礼だから「事実として受け入れるも、象徴として受け入れるも読者の自由」(前掲書 p.184)という訳者あとがきに倣って、事実として受け入れるも例え話として受け入れるも読者の自由、とでも言っておこう。

いずれにしても、こうしてプレアデス人は人類の進化のイメージ、人類の宇宙進出のイメージ、ユング的統合のイメージ、選民のイメージ、おおげさな言い方をすれば救済のイメージを纏って今日に至る。『罪』でプレアデス星系のマイヤ人がキーワードとして出てくるのは、1999年の破局に対してプレアデス人こそが救いになる、という神なき時代の代替的な神としてそれが捉えられているからなんである。その意味ではマイヤ人と麻原彰晃、シバルバーとシャンバラはそれほど遠い存在ではないのだ。

ちなみに『プリズム・オブ・リラ』によると古代マヤ人は観光かなんかで地球に寄ったシリウス人に色々教えてもらったので高度な文明を築いたそうです。高尚なのか卑近なのかどっちなんだ。

【そこそこ徹底ゲーム考察】『ペルソナ2 罪/罰』(その6)に続く…。

2020/1/18:「電波系」の項ちょっと書き直しました
2020/2/27:「プレアデス人」の項ちょっと書き足しました

【ママー!これ買ってー!】


電波系

求む、復刊!

↓参考にしたもの

ハレー彗星の大陰謀―地球最後の日をつきとめた衝撃のオカルト・ルポ (1981年) (ゴマポケット)
危ない1号 (Vol.1)
村崎百郎の本
社会派くんがゆく!疾風編
プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて

500