山崎貴株急落映画『GHOSTBOOK おばけずかん』感想文

《推定睡眠時間:10分》

西に『ゴーストバスターズ』あれば東に『おばけずかん』あり。リブート版の『ゴーストバスターズ/アフターライフ』がそれまでのシリーズ作とは趣を変えてジュブナイル・ファンタジーになっていたことと呼応するようにこちらも山崎貴の原点回帰的なジュブナイルだが、おそらく『ゴーストバスターズ』が念頭に置かれていることは劇中に登場するオバケの図柄のプリントされたお揃いのトレーナーから窺える。あとオバケ退治の方法。図鑑をオバケに押し当ててキューッと図鑑に吸い込むんですよ。和製『ゴーストバスターズ』が作りたかったってことでしょうね。いまどき? という感じもするけれど。

その意気込みはいいがこう、どうにも、なんというか…まどろっこしい! あるお願いを叶えてもらいたいズッコケ男子三人組が神木隆之介演じる謎の古書店主に誘われてオバケの跋扈する不思議ワールドに迷い込みそこでオバケを七匹捕まえればお願いを叶えてもらえる…というお話なのだがオバケ退治のルールが開示されるまでに30分ぐらいかかる! そこから7匹捕まえてエピローグもやらないといけないので一匹にかけられる時間は10分かそこらってわけでいやオバケ退治メインの映画じゃねぇのかよ! とこっちがズッコケます。

構成も悪いが会話の間も悪く、せっかくの丁々発止のやりとり(というほどでもないにしても)が生きない上に、たとえばズッコケ三人組の一人が何度も繰り返し同じような台詞で随伴教師の新垣結衣をおちょくって同じように軽く怒られたりするので芸がなく結構飽きる。脚本を書いたのも監督の山崎貴。思ったんですがこの人って『ジュブナイル』が長編映画デビュー作ってくらいなのでジュブナイルの名手みたいに扱われがちですけど、むしろ子供の演出とか下手なんじゃないですかね。いまどきキッズの感性を取り入れようとした台詞回しは『ジュブナイル』でもスベっていたがこちら『おばけずかん』でもちゃんとスベっていた。

スベっているといえばズッコケ三人組が迷い込む不思議ワールドですよ。ここはなんかすごいことになっていてなかなか言葉で説明しにくいんですけどパッと見現実世界と同じなのに至るところ文字が崩れ建物は変形しさながらブラックのキュビスム絵画のようになっているわけですが、その理由は一応終盤になって明かされるような明かされないような感じではあるんですけど、全然物語にもアクションにも生かされねぇ…なんかあるじゃん建物の変形を利用してオバケを袋小路に追い込むとかそういうの。それをやらないならキュビスム風の不思議ワールドにする意味ってなんかあるんだろうか。

広告

神木隆之介の古書店主も思わせぶりに登場するくせに出番はほんの数分で全然ズッコケ三人組に絡んでくれないしなぁ。思わせぶりに登場する、主人公に絡んでこない、怪物が出てくる、この三点で共通するのは神木隆之介がなんと加藤保憲役で出演を果たしたガッカリ作『妖怪大戦争 ガーディアンズ』だが、なにかそういうジンクスでもあるんでしょうか。妖怪・オバケもののジュブナイルに神木隆之介を出すとダメになるみたいな…悪いのは神木隆之介くんではなく作り手ですが。

とまぁ不満点はいろいろあるがオバケの映画というからにはオバケよければすべてよし。オバケ、と言いますがこの映画に出てくるのはどちらかといえば妖怪で一反木綿とかもオバケ枠に入ってます。でこいつらを探し出して一匹一匹捕まえていくっていう『妖怪ウォッチ』みたいな感じになるわけですけど、これがねぇ、VFXのクオリティが結構厳しくてねぇ。デザインも冴えがなくオバケの魅力に乏しい。その上にオバケ退治にかけられる時間が一匹あたり10分程度でしょ。そうなるとオバケを楽しむ映画としても厳しいよ。もっと数絞って4匹ぐらいにしてその代わりに一匹一匹のデザインを凝ったり駆け引きを捻ったりすればよかったのに。

全体として見れば楽しめないこともない映画ではありますけど出来不出来で言えばはっきり不出来な映画だと思う。なんでこんなことになったのかといえば、山崎貴のワンマン映画だったからじゃないだろうか。いやだってすごいよクレジット見ると、監督・脚本・ストーリー原案・キャラクターデザイン・VFXまで山崎貴なんだもの。ダメなところがあってもこれどうなんすかねって口を出せる人もいなかったんじゃないの、俺こういう映画はたくさんやってきてるからどうすればいいかわかってるんだよっていう自負も本人にあったでしょうしね。

唯一よかった点があるとすれば随伴教師役の新垣結衣、それからズッコケ三人組の一人サニーマックレンドン。新垣結衣はガキどもに振り回されつつも教師の責任感で見守る演技、「うんざり」と「しょうがない」のさじ加減が上手かったし、冴えないけど憎めないキッズのサニーマックレンドンの言動にはそこそこのクスクス笑いがあった。ただこの二人もあんまり前には出てこないんだよな。面白い芝居をしている人はもっとちゃんと撮るべきだと思うんですけどたぶんそういうことには関心がないんでしょう、山崎貴は。

っていう感じ。お子様向けのサマームービーとしてはまぁ悪くないんじゃないの? ぐらいなところで、『アルキメデスの大戦』で急騰した俺の中の山崎貴株が急落する映画だった。おわり。

【ママー!これ買ってー!】


『ジュブナイル』[DVD]

これ熱狂的なファンがついてるみたいですけどどこに熱狂要素があるのか俺には全然わからなかった。

guest
2 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
匿名さん
匿名さん
2022年7月24日 8:26 PM

アニメ版が無料配信してるので見たのですが、映画版はほとんど名義貸し状態だったのかなあ と思いました。
https://youtu.be/EPURNsgeqKA