完全アウェーで見る劇場版『兄友』感想(原作・TVともに未見)

投稿日: カテゴリー 居眠り映画館タグ , , , , , ,

《推定睡眠時間:25分》

最近の映画館は面白い場面で笑うと神経質な客に注意されるから客が不寛容になった論が映画マニアの間で一定の支持を集めているそうであるが、それに対して俺から言えることはこれしかない。『兄友』を観ろ。
その理由が知りたいか。知りたくないかもしれませんが言うがJCJKマサラ上映だったからなマジ。うるせぇ黙って映画見ろみたいな客はいなかったから。むしろ黙って映画見る客がいなかったから。嘘それは誇張ですがスクリーンと客席のキャッチボールぱねぇ。

なんか主人公のJK松風理咲と横浜流星の間に完全噛ませ犬ポジションのメガネ男子(松岡広大)が入ってきて三角関係っぽくなるんだよ。
それでこのメガネが恋に狂ってつい松風理咲に横浜流星に関する虚偽の情報を流しちゃうんだよ。その場面、客席から「死ね!」の声が飛んだよ。

松風理咲と横浜流星が良い仲になったところではウフゥの溜め息が漏れる。ついにキスか!? …キスか? もどかしいな早くしろよガキども的なじらし場面では行け! 行け! って言ってる人がいましたから応援上映だよね。
質の高い映画しかご覧にならない映画セレブは運営の懇切丁寧なお膳立てがないと応援できませんが激安映画を観に行く底偏差値系の人はなにも言われなくてもむしろ鑑賞中は喋らないでの注意を突き破ってでもプリミティブに応援します。すいません訂正しますプリミティブにじゃなくてナチュラルにでお願いします。

ええじゃないの。なんか楽しかったですよ俺の知らないところでめっちゃ盛り上がってる感じが。喫茶店のマスターとか別にそんなに面白いこと言ってないのに出てくる度に笑い声が場内に反響しておりましたが俺は蚊帳から遠く離れ過ぎてもう見えないから、蚊帳。
でもその客席ムードでなんとなく映画内ポジションがわかるからな。TV版のフィナーレ的映画だったそうですが原作はおろかTV版の存在すら知らなかった俺としては客席レスポンスが良いガイドになったよ。

観客参加型上映とは本来こういうものではないだろうか。スクリーンを見上げる形で垂直的に観客が意識の統合を図る、企画としての観客参加型上映は確かに素晴らしい陶酔をもたらす映画体験ではあろうが、そこに観客の横の繋がりはない。
だが『兄友』のセルフ観客参加型上映にはそうした企画上映が陶酔と引き換えに失った観客の横の繋がりがあったのだ。現に俺がついつい寝てしまう度に後ろの席の誰かはわざわざ座席を蹴って俺を起こしてくれたのである。これが横の繋がりだ。

広告

だいたいはTV版からもしくは原作漫画からこの作品を追っているであろう他のお客様方にとっての『兄友』は単なる2D上映のラブコメ映画でしょうが、前情報皆無の上にお一人様鑑賞の三十代男性としてはそこにJKJC客たちの無言のキモ意をひしひしと感じるからちょっと得をした感じになる。俺だけ4D上映のサスペンスホラーVer観てるみたいなもんですからね。
追加料金も払ってないのに申し訳ないと思うし、軽くイビキをかきながら何度も寝てしまったのも申し訳ないと思う。ごめん特に後ろの席の人。

内容の方は超オーソドックスなラブコメだったのでもう別に言うこともないっていうか言うことがあるくらい面白い映画じゃなかったと上映時間の三分の一は寝ていたにも関わらず無慈悲な判定を下してしまうが(あの客がここに居たら「死ね!」が飛んでくるところだ)、こういうですね観客巻き込み型の興行ができてるっていうのは素晴らしいなと思いましたよいやそれはマジでマジで。
映画が面白いんじゃなくて映画体験として面白いっていうね。空気感の醸成っていうのも映画の価値に含まれると思ってますから俺は。だから面白くないけど良い映画だったよ『兄友』。

あとはなにかな。兄役の古川毅が鋭角のイケメンで、そういえば最近こういうシュっとした顔のイケメン枠とか少なくないすか。90年代後半のイケメン感っていうか。
この人が本当に単なる意地悪な兄でラブゲームに絡まないっていうの新鮮だったよね。いやもう何が新鮮かわからないんですけどそれ当たり前なんじゃないかと思うんですけど土屋太鳳とかの出る少女漫画原作映画だと近親恋愛当たり前みたいになってるから…。

俺はでもそこスッキリしてて好きでしたね。っていうかあれだねスッキリしてます、スッキリ。なにも衒わない。なにも捻らない。なにも拗れない。好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。兄は兄。直球。
従って後半に若干のツイスト(?)はあるもののそこから脇道に逸れたりはしない。そこに至るまでの道中で寄り道もしない。先行TVシリーズでもう充分道草食っただろうから結婚式みたいな。そうだな結婚式みたいな映画なんだろうたぶん。

結婚式と思えば横浜流星くんが古川毅にイジられるYouTuber動画的なシーンも大らかに受け流せますね。それにしてもあそこめっちゃウケてたな。なんか横浜流星くんが犬の着ぐるみ着て吠えるだけなんですけど。

【ママー!これ買ってー!】


映画「伊藤くん A to E」 [Blu-ray]

TVシリーズの映画版だそうですが映画単体で見ても全然成立してたし面白かったからフィナーレ映画の傑作なのでは。

↓その他のヤツ

兄友 1 (花とゆめCOMICS)
TVドラマ 兄友 [DVD]

1000