燃えよドウェイン映画『スカイスクレイパー』感想文

《推定睡眠時間:0分》

すごい弱そうな大富豪(『ダークナイト』の香港パートに出てスカヨハ版『ゴースト・イン・ザ・シェル』でトグサだったチン・ハンである!)が香港におっ建てたバカみたいなスーパー超高層ビルを見てまず思ったのは食品デリバリーのバイトの人、ここから注文受けたら絶対壁を殴る。

このビルは下の方は商業フロアでその上にはたぶんオフィスフロアとかがあるのですがそこらへん全然突っ込んで描いてくれないので分からないのですが住居フロアはだいたい50~100階ぐらいにあるらしい。ドウェイン・ジョンソンの家族は96階とかに住んでいた。

エントランス行くまではいいんですよ。それは別に渋滞とかなければパッパと行けるんですけどそっから絶対死んでしまうよ。
まずエレベーターが何基あるかわからないのですが比較的数に余裕があったとしても商業フロアとオフィスフロアと住居フロアを隔てるために別の系統になってるじゃないですかたぶん。

その待ちと乗り換えでたぶん15分ぐらいはかかるんですよ。それでまたセキュリティがうるさいじゃないですかこういうところ。
たぶん搬入口で一回名前書いて業者パスもらってとか一般のマンションなら必要ない煩瑣な入館手続きあると思うんですよ。そしたら20分とか結局行くよね。

それもスムーズに行ったらって話で88階と86階間違えてエレベーター降りちゃったとかそういう間違いあったりするじゃないですか。
じゃないですかってそれ前提で書かれても困ると思いますがいやあるんですよ、そういうのあるんですよ!

そしたらもう、エレベーター全然来ないよね。最高240階ですから一度別の階でエレベーター降りちゃったらまた10分加算だ。これで30分。
じゃあ足で行くか、と階段移動にスイッチしてフロアに踏み出すと仮定しよう。迷路ですよ。絶対廊下が迷路ですよこういう見栄え重視のマンションは。
こっち階段とか絶対に壁に書いてないからね。何号室から何号室まではこっちとかその矢印マークすら貼っといてくれないからね。

じゃあどこに届ければいいんだよ! いい加減にしろよ! ピザ一枚のためになんで俺がそんな苦労しなきゃいけねぇんだよ! お前降りて来いよ一階のテナントにピザ屋はどうか知らないがコンビニとかファーストフードぐらいは入ってるだろ!
でも面倒くさいよね! そうだよね配達する人がこれだけ面倒くさいんだから一階になんか買いに行くだけでも上層階に住んでる人はだいぶ大変だよね!

あーもう絶対失敗するわ、このスーパー高層ビル絶対失敗するわ。逆にドウェイン一家が住んでるだけで他の入居者がいない住居階プレオープン状況で失敗しといてよかったな。
火災で丸焼けになりましたから失敗の規模も世界レベルですが保険でなんとかなっただろう。これが住居階オープン後のことだったら住民も金持ちだからきっと訴訟の嵐でついでに業務上過失致死とかで警察の捜査も入ったりして泣きっ面に蜂だったんじゃないすかね。トグサ危機一髪。

広告

ていうわけでこのスーパー超高層ビル人がいないのです。がーん。人質がいないから隠密テロリストバトルにもあんま発展しない。がーんがーん。
『カリフォルニア・ダウン』でも大勢の大地震被災者そっちのけで家族の救助に奔走していたドウェイン・ジョンソンでしたが『スカスク』ともなるとそもそも家族以外にドウェイン・ジョンソンの関心対象がほぼ出てこないという徹底ぶり。
隣のビルのクレーンからスーパー超高層ビルに飛び移り侵入を果たすドウェイン・ジョンソンに負けず劣らず映画自体もものすごい思い切りのよさだ。

いやでも俺は『タワーリング・インフェルノ』的にビル火災で逃げ惑う人々のパニック映画要素とか『ダイ・ハード』的に高層ビルの特殊な空間を利用したバトルアクション要素とかそういうの期待して観に行ったからな…がーん感があったのですがしかし途中で気付く、そうだこれは誰かも言っていたがSASUKE、ドウェイン・ジョンソンのSASUKEでしたよ…!

家族のためにSASUKEに挑むドウェイン・ジョンソン、義足の人を勇気づけるためにSASUKEに挑むドウェイン・ジョンソン(※義足設定)、ダクトテープの万能性を宣伝するためにSASUKEに挑むドウェイン・ジョンソンだ。
なんやかんやあって緊急指名手配されたドウェイン・ジョンソンだったがSASUKEチャレンジが始まってからは香港の人たちもそんなことはすっかり忘れて街頭スクリーンの中継を見ながら(なんで中継されてるんだろう)大はしゃぎ、警察の人もドウェイン・ジョンソンがアトラクションをクリアするごとにイエーって言ってました。SASUKEだ。

「大丈夫、ダクトテープさえあればな!」みたいな事を言っていたのでこの悪ノリは確信犯です。ダクトテープ最強。あと義足は武器。
事態を打開するために押さなければいけないボタンが外壁に取り付けられた風力発電の羽の後ろ(!)にあるとかまあSASUKEだから当然だよなって思いますがこれ『ギャラクシー・クエスト』だったらシガニー・ウィーバーがブチ切れてるな。この糞脚本書いたライターは誰だよ! って。

実現することのなかったスターリン時代の妄想遺産、世界最大(当時)の巨大建築ソビエト宮殿には建物の上に超糞でかいレーニン像を乗せる予定だったそうですが、『スカスク』の世界最大の高層ビル“ザ・パール”の一番上にはパールだからフジテレビの銀玉みたいな巨大真珠が乗っている。

バカかよって思いますがその中は何故かは知らないが『燃えよドラゴン』的な鏡の間になっていて(何が起こるかはみんなわかるな)、そのバカを恐れぬ面白くなければ映画じゃない的なフジテレビイズムになんか胸が燃えてしまった。
燃えよドウェイン。踏破せよSASUKE。面白くなければ映画じゃない! …でもSASUKEはフジテレビじゃなくてTBSだな。

あと黒のライダースーツみたいの着た強盗団の女アサシンが超クールでよかったです。
警察の射撃にも一切怯まず歩いて撤退、からの振り返り射撃! かっちょいい。ドウェイン・ジョンソンのプロレスシーンもかっちょいいかった。

【ママー!これ買ってー!】


『SASUKE』30回記念DVD ~SASUKEヒストリー&2014スペシャルエディション~ [DVD]

なんか出ていた。

コメントしてあげる

wpDiscuz