シリーズ観ないで『トイ・ストーリー4』感想文

投稿日: カテゴリー 居眠り映画館タグ , , , , , , ,

《推定睡眠時間:0分》

陶器人形(それはオモチャの括りでいいのか)のボーがウッディと別れる時に言う「私はもうあの子のオモチャじゃないから…」みたいな台詞をエロく感じてしまうあたりシリーズ初心者っぽい。
『トイ・ストーリー』1作目はとおい昔に観ましたが2と3は未見、ウッディとバズ他お馴染みの動くオモチャの面々(らしいが顔ぶれが1作目とはだいぶ変わってる)です的にジャーンと画面にオモチャ軍団が映ってもピンと来ないことこの上ない。誰? ファーストメンバーで一番好きだったグリーンアーミーメンはいないし。

従って心情的にはウッディたちの新たなる持ち主の女児ボニーの方に近くなってしまった。はじめての幼稚園に行きたくなくてグズるボニー、教室の中で孤立してひとり孤独を噛み締めるボニー、不安を紛らわすために幼稚園で自作した不細工なフォーク人形鉛筆立て(それはオモチャの括りでいいのか…?)を握りしめて寝るボニー…あるあると分かる分かるの連続に開始約15分、早くも涙腺決壊。

とくに幼稚園のシーンが堪えられなかったですね。俺もあそこに戻りたい。不安は将来ではなく目の前にしかなくて、ただ幼稚園にログインするだけで褒められてデイリーボーナスがもらえるという今から振り返れば夢のような幼稚園、家賃税金の心配はないし職場環境に悩む必要もない、保母さんは優しいしあぁ、幼稚園に戻りたいなぁ…涙腺決壊である。シリーズをちゃんと観てきた人が泣くポイント、絶対にそこじゃない。

しかしそんなオモチャ素人でも最大限楽しめるようにという細やかな職人的配慮がさすがディズニー/ピクサー、大量生産品のCGアニメなのにオーダーメイドの工芸品のようないやこの場合はオモチャのようなと言うべきでしょうが、慎ましやかで親しみの湧く手触りがたいへんよかった。
これがシリーズの既定路線なのかどうかは知らないがオモチャたちのメインクエストの舞台は移動遊園地とババァが切り盛りするアンティークショップ、観る前は結構大冒険っぽいことになるのかなぁと思っていたが子供の見る世界から一歩も出ない『ミクロキッズ』的な子供寄り添い型の小冒険を描いた映画が『トイ・ストーリー4』なのだった。

アクションやスペクタクルよりもオモチャと子供の感情の機微をクロースアップした愛すべき小品は子供脳内アドベンチャー『インサイド・ヘッド』脚本家の一人ジョシュ・クーリーの手によるもの。なんだかめちゃくちゃなるほど感がある(『インサイド・ヘッド』もそういう映画だったので)

広告

お話。大学生になったアンディから新オーナーのボニーに譲り渡されて以来、ウッディは寂しい日々を送っていた。ボニーはリトル・アンディと違ってカウボーイ人形にあんま興味がなかったのである。
これもオモチャの宿命か。オモチャは主人を選べない。オモチャはただ選ばれた主人に奉仕するのみ。クローゼットの中でタンブルウィード化したホコリと格闘しながら他のオモチャ軍団と楽しそうに遊ぶボニーを見守る健気なウッディであった。

さてそんな日々にプチ問題発生。ボニーが幼稚園で作ってきたゴミ箱のフォークとアイスの棒を粘土でくっつけただけの鉛筆立て人形フォーキーがどうしても自分をオモチャだと思いたがらない。僕はゴミだ! 僕はゴミだ! 隙を見せるとボニーの手を離れてゴミ箱にダイブしてしまうアグレッシブなスーサイド玩具をなんとかボニーに繋ぎ止めようとアンディは一肌脱ぐのであった。オモチャにはオモチャのアイデンティティがある。ゴミにはゴミのアイデンティティもある(らしい)

このシリーズに今更こういうことを言うのもあれなんですけどまぁお話がよく出来てますよね。オモチャ軍団に加わりたがらないでゴミ箱に一人で居ようとするフォーキーには幼稚園に馴染めないボニーの心情が反映されてるわけでしょう。すぐゴミ箱に飛び込んじゃうのはボーの言う「子供は毎日オモチャを無くす」ことの寓話的表現だ。でまたゴミとオモチャのハイブリットたるフォーキーを通してアンディがオモチャのアイデンティティや生き方を問い直すという。

『シュガーラッシュ オンライン』もそんな感じのお話だったのでディズニー最近こういうの推してるんでしょうな。○○たるものかくあるべし的なマイ定言命法(ウッディの言う「内なる声」である)で自縄自縛の大人どもは狭い世界に閉じこもってないで新しい世界に出ちゃいなよみたいな。

そういう意味では子供の親離れオモチャ離れの映画でもあるし親とオモチャの子離れの映画でもあった。そこに新たな生き方を見つけたボーが配置されるんだからもう教育絵本アニメとして完璧だ。ポリコレ完全準拠、アクションありホラーあり(腹話術人形が怖い)笑いあり、上映時間は潔くたった100分、エンドロール後にまさかの伏線回収(ここで場内爆笑)と、どこまでも職人的配慮の行き届いた映画である。

あとお馴染みのオモチャーズが今回お話の都合上あんま活躍しないので代わりに新オモチャが色々やってくれるんですが、中でもカナダ最強のスタントマン人形デューク・カブーン、最高でしたね。「あれはCMなんだ!」アクショントイの魂の叫びに笑い泣き。CMなんだよ!

補足:
吹き替え版で観たんですが劇中歌を歌っているのがダイアモンドユカイ、これも良かったなぁ。デューク・カブーンの吹き替えは森川智之ですが、オリジナル版で声をアテてるのはキアヌ・リーヴス! それは観たい…他にもメル・ブルックスとかカール・ウェザース(!)が声で出演しているらしい。

【ママー!これ買ってー!】


インサイド・ヘッド (字幕版)[Amazonビデオ]
インサイド・ヘッド (吹替版)[Amazonビデオ]

こういうのを見るとディズピクのアレゴリー力(カではなく「りょく」です)の凄まじい高さに圧倒されてしまう。パッとしない感じの夫婦の会話なんかも良い。

500