特集上映全部観た感想文「ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ」

寝てはいるが全部観たので感想書く。『ミークス・カットオフ』『オールド・ジョイ』『リバー・オブ・グラス』『ウェンディ&ルーシー』の四本です。

ハイパーホームビデオ映画『ソング・トゥ・ソング』睡眠感想文

マリックの家にみんなで集まって焼酎とか飲みながら適当に観るようなホームビデオ系映画。こんなん映画館で見せられてこっちはどう反応すればいいんだ。

色々あったんだよ映画『ホモ・サピエンスの涙』感想文

キャプションのタイトルを考えながら絵の美しさを愛でるだけのアレゴリー活人画展覧会と見えて、その背景を考えるとちょっと感慨深いものがあった。