海棲怪獣激突映画『MEG ザ・モンスター』の感想文

《推定睡眠時間:10分》

最初は海洋スーパー研究所の周辺をうろうろして研究員だかのマシ・オカとかをちょぼちょぼと食おうとしていたメガロドン、メガロドンはメガロドンでも4版以前のマジック:ザ・ギャザリングに10/10生息条件(島)クリーチャーとして出てくる感じの名ばかりメガロドン、どちらかと言えばいやむしろどちらか選ぶ余地なく海棲怪獣なメガロドンだったのですが、それではやっぱりサイズ的にも見てる側的にも物足りなすぎたので案の定チャイナのなんとかビーチに向かうとそこは芋洗い状態、入れ食いとはまさにこのこと。いや入り食いか。

たぶんようするにそこにサメ突撃させたら客すげぇ喜ぶじゃん的な発想の映画なんだろう。中国の水レジャー業界はたいへん超潤っているらしくどこのプールもビーチも超満員となんかのニュース的なやつに載っていた。
そんなに人がいるなら普通のサメじゃあ足りんわな、よしじゃあメガロドンで行くかでかいしみたいな5分で終わった会議(場合によっては会議ですらなく軽く酒の入ったサウナでの会話の可能性もある)で映画のコンセプトから方向性からすべて決まってしまった気配が濃厚である。

主演は? ステイサムでいいじゃん元飛び込み選手だから水とか強いんじゃないの。裸のシーン多くなるから本人も喜ぶでしょ。ゴネたら中国の美人女優出るとか言っとけばいいよ。
そんな感じではないだろうがそんな企画会議もようしか想像できない素晴らしい海洋怪獣映画でしたな。

だってその海岸パニックシーンとかすごいですよ。あ、あれは! と浮き台に乗った性欲のかたまり男子学生どもが緊張した面持ちで指さした先にいたのは大怪獣MEGじゃなくてビキニ姿のナイスギャル軍団。
全然かわいくないぽっちゃりお子様が浜辺で寝そべる大阪のおばちゃん的マザーに海はいりたいのダダこね。海入りたーい! 海入りたーい! 海入りたーい! 海入り…同じ台詞しか言っていないが言う度に同じ英語字幕が画面に出る。
結局海に入ったこのお子様は浮き輪に掴まりながらずっとアイスキャンデーを舐めていてお前なんのために海入ったの。

舐めている。どいつもこいつもサメを舐めすぎている。メガロドン捕獲のためにビーコンの装着(『ジョーズ4/復讐篇』だな!)が必要と判断したステイサムら海洋研究所のメガロドン捕獲チーム。
だが問題はどうやって取り付けるかだ…とその時、チームを乗せた極めてざっくり装備の小船の前にめちゃくちゃすげぇ都合良く今までそんな仕草してなかったのに急にわかりやすく背ビレを立てて泳ぐメガロドンが出現。

ステイサムの反応は早かった。間髪入れずシャツを脱ぎ捨て鍛えぬかれた背筋を観客に叩き込むやビーコンを手に単独ダイヴ、クロールでメガロドンに迫るのであったがお前ら本当にサメをなんだと思ってるんだ。

広告

ていう感じで最初の方は曲がりなりにもメガロドン超こええ糞でけえ的な演出で見せていたわけですが話がメガロドン討伐に方向転換してからはメガロドンの弱体化が著しくいけシャークシャークとゆかいなバカ映画に転ずる。
なんかRPGの最初の方とかにある絶対に勝てないイベント戦のボスと中盤あたりで再戦したら今度はイベント戦じゃないから結構あっさり勝っちゃって以降はもうヌルゲーになる感じである。

あり得すぎる想定内のミス×数回で次々と海に投げ出されていく捕獲チームの面々とかメガロドンが目の前にいるのになんか楽しそうにジョークを飛ばしている。
興味本位で泳いでメガロドンに会いに行く野次馬チワワとかメガロドン毀損が甚だしいが、ステイサムが居るとはこういうことなんだろう。
今からものすごいネタバレをするから誰でも予測可能なネタバレに怯える映画童貞は今すぐページを離れて欲しいがステイサムがメガロドンに勝つ。わりと無傷で勝つ。

そうでしたこれは怪獣映画でした。『アドレナリン ハイ・ボルテージ』で巨人獣と化して怪獣業界に参入したステイサムが主演の怪獣プロレス映画でした。
ゴジラVS○○とかガメラ対○○と謳っている映画でゴジラとかガメラが負けるわけないですからそりゃあステイサム勝つよね。一回は一応負けてあげるところとかも怪獣プロレスメソッドを踏襲していた。

怪獣映画だ、そして昭和特撮だ。最先端テクノロジーを詰め込んで世界各国の知的尖鋭が集う沖合の海洋研究所の舞台設定が既に昭和子供だましドリーム感半端ないが、魚雷装備可なジェットイエローサブマリンでメガロドンと対決とかそれ絶対お風呂で遊べるオモチャ出るやつだろうみたいな感じである。

ガメラと精神的コンタクトを試みる平成ガメラ三部作の藤谷文子の如く怪獣ステイサムを制御・共闘するリー・ビンビンは海洋研究所の一番偉い博士の娘であるが博士の娘というこの響き。
ちなみにその博士の娘の娘はハロ的なやつを連れ歩いていて、なんかもういいのかなってなる。

なにがもういいのかはよくわからないが次があったら死んだはずのメガロドンを悪の博士がメカ蘇生して対するステイサムも片腕をサイボーグとかにしてハロもリー・ビンビンのお供みたいな感じで戦闘に参加してほしいとおもった。

【ママー!これ買ってー!】


ヴァーチャル・ビュー MEGUMI エイゾープレイ

やたらでかいMEGといえば世代的にサメよりMEGUMIの方なので衝動的に貼ってしまい後悔もべつにしていないがアマゾンレビューを読んだらこっちのMEGもちょっと面白そうなのですが…。

セクシーな衣装に身を包んだmegumiを、視点を変えたり、ズームしたりして見ることができるのは、斬新でとても面白いとは思いますが、全体的に、メイキング作品的な内容になっており、後ろの方で、カメラマンが、「表情がいいよ。」などと言っているのが、ちょっと耳障りでした(psvrさん)

↓あるのかよ原作


MEG ザ・モンスター (角川文庫)

1000