『タクシー運転手 約束は海を越えて』の感想

諸々難しそうな領域に入ってる映画なのでとりあえずよく出来た面白いポリティカル・サスペンスっていうぐらいに感想を留めておく逃げの姿勢。

原作未読の映画『いぬやしき』感想(微妙にネタバレ注意)

『亜人』でなんとなく人間側についた佐藤健がまたしても人外に変貌し今度はなんとなく人外側に立つ。佐藤健のなんとなく第二弾。

見た人向け感想『レディ・プレイヤー1』(イースターエッグ解説とかは無い)

あのゲーム超最高だったので映画じゃなくてゲームでやりたいとおもいました。

『アンロック/陰謀のコード』の感想(ネタバレなし愚痴あり)

ノオミ・ラパスが戦うCIA局員なので100点。以上。(しかしB級映画の精髄ここにあり的な最強仕事帰りムービーでもあるのだ!)

映画の感想:『映画 クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ』

タイトルが嵐を呼んでいないので穏やかなクレしん映画と思われたが色々と世相を斬りまくっているのでわりと血まみれです(しかし教育的感動作)

『レッド・スパロー』見た感想(オチバレないが多少ネタバレ)

トンデモとして見るには生々しすぎる対ロ・プロパガンダ映画だとおもうのですが…。基本、見た人向け感想。

『ミスミソウ』映画版の感想(原作未読、ネタバレなし)

閉鎖的な田舎中学のセクト的人間関係がリアルで怖かったので血がぶしゅぶしゅ噴き出すコミック的なスプラッター描写にむしろ安心するという風変わりなホラー体験。

『グレート・アドベンチャー』の感想(若干のネタバレは気にしない人用)

『グレート・アドベンチャー』っていうか『インファナル・アドベンチャー』。『仁義なき戦い』方式の『インファナル・アフェア』番外編。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』がすごかった感想

すごかった。「スペイス・オディティ」の使い方がすごかった。そこ以外は陰のない陽性宇宙冒険活劇でこれまたすごい。たのしい。