ハリウッド忠臣蔵映画『ラスト・ナイツ』はマジで忠臣蔵だった感想

紀里谷和明監督の『ラスト・ナイツ』は、恐ろしく生真面目な忠臣蔵映画だった…! 寝ましたが感想書きます。

映画『ローマに消えた男』の感想を淡々とネタバレしながら書く

映画『ローマに消えた男』は『パリでモテた男』でもあり『暗闇で鼻歌歌う男』でもあった!という感想。

映画『料理人ガストン・アクリオ』はアクリオさんのスター映画だった感想

食欲の秋! 芸術の秋! 両方を満たすのは映画『料理人ガストン・アクリオ 美食を超えた美味しい革命』だけ! …かどうかは知らないが、観てきたんで感想書く!

橋口亮輔監督の映画『恋人たち』の感想は「よし」!?

映画『恋人たち』は役者たちの演技を見る映画だ。物語は多少犠牲になっているけど、演技がそれを補って余りあるので問題無い!

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』は意外にもオトナのスパイ映画だったのだ感想!

『コードネーム U.N.C.L.E』! 全く期待してなかったし観るつもりも無かったが、これサイコーだった! 洒落ててキュートでユーモラス、しかしビターでもあるクールなスパイ映画だ!

セックス良ければ全て良し映画『午後3時の女たち』の感想書く(童貞)

昼下がりの高級住宅地妻の映画『午後3時の女たち』を観てきた。とにかくセックス大事! とゆー映画なので、童貞にいかほど理解できたか不明ではあるが、感想書く。

『7’s セブンス』と『乱死怒町より愛を吐いて』を観て自主映画を考える感想

『7’s セブンス』と『乱死怒町より愛を吐いて』とゆー二本のほぼインディーズ的インディペンデント映画を観た。色々思うトコあったんでダラリと感想したためる。

映画『サヨナラの代わりに』の感想と称していちゃもんをつける

アメリカ版『最強のふたり』こと『サヨナラの代わりに』を観たので感想書きます。泣ける映画ですが、俺は嫌い。

映画『グラスホッパー』のコト書いてたら原作者の悪口になった感想(ネタバレなし)

『グラスホッパー』は結構面白かったんですが、脚本がダメだよなぁ…と考えていたらいつの間にか原作の伊坂幸太郎の悪口になった。そんな感想。

Boy Meets 山Girl 映画『エベレスト3D』感想 〜ロマンスの無慈悲な神様〜

どうせ『私をスキーに連れてって』なロマンスの神様映画だろクソふざけんなと思ったら、違いました! 『エベレスト3D』は素人に登山の恐ろしさをマザマザと教えてくれる殺しのエンターテインメントです!