まさかの猫耳映画『ディーパンの闘い』の感想書くにゃーん

猫と象と団地の映画です。なんか随分可愛いなと思うが、いや別に可愛くは全くない。ドライです。しかし観終わった後に両手を突き上げてイエー!って叫びたくなる希望の映画だったんでそんな感想書いた。

クラシック・ドキュメント『ロイヤル・コンセルトヘボウ』をヘボっと観た!

『ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る』とゆーヤァヤァヤァなドキュメンタリー映画を観た。あんま面白くなかったがイイ映画体験でしたとさの巻。

ゴシップ神話『ハリウッド・バビロン』を読んだんでびろ~んと感想をおっぴろげる

ケネス・アンガーの『ハリウッド・バビロン』、コレ黄金期ハリウッドの三文ゴシップの寄せ集めなんですが、面白かったなぁ。感想書いた。

井戸端映画フアン対談本『さらば愛しきサスペンス映画』読んだぞ

シネフィルではなく、マニアでもなく、年季の入った映画フアン二人の対談本。なんだかしあわせーな本だったなぁ、コレ。

マルクス・ガイドブック『マルクス兄弟のおかしな世界』を読んで感想書く

マルクス兄弟といやぁ我が国ではマニアどもインテリども御用達の喜劇ユニットと化してしまったきらいがありますが、いやそんなコトは無い! と言ってくれる、万人に開かれたマルクス兄弟の最良の入門書になってる本の感想です。

『スターウォーズ フォースの覚醒』の素人感想書く! ほぼネタバレ無し!

コレ面白かった。スターウォーズ素人童貞のオレにも面白かった。けど、結構物足りない感もあったなぁ…ってゆー感想をネタバレ無しで書く。

映画『独裁者と小さな孫』の感想を小さな孫になったつもりで無邪気に書く

結構寝たが、コレ面白い映画だった。とってもイラン映画的な教育的な政治寓話。マジメな映画ですが、サスペンスも笑いも可愛いもいっぱいの娯楽編です。

川本三郎センセの映画評論集『映画の戦後』を読んで感想書く

川本三郎センセの『映画の戦後』は多彩な評論を通して川本センセ自身がどう戦後にケリをつけたか、みたいな本になってます。面白いです。

映画『ホワイト・ゴッド』観たんで悪口感想をワンワン吠える!

うーむ! ワンちゃん大暴走映画『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』、コレあんま面白くなかった! 書くぞ悪口感想!

『サスペンス映画 ここにあり』とゆー映画批評本の感想はココにあり。

川本三郎先生のサスペンス映画評論集『サスペンス映画ここにあり』を読んだ。面白かった。黙って感想書く。