映画『ディストラクション・ベイビーズ』でブレインダメージ残りまくり感想(ネタバレなし)

いやはやとんでもないとんでもない。柳楽優弥とんでもない。お話は真面目すぎてあんま面白くなかったが面白くなければ面白くないほど柳楽優弥の狂気が輝いてしまう。とんでもない。

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアベンジャーズ学園生活を満喫する!(ネタバレなし)

マーベル素人童貞なので『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がどんな話なのかそもそもよく知らないが大乱戦になったからどうでもよかった。そんな感想。

映画『コップ・カー』、これ思わぬ拾い物感あって面白かった的な感想

おもしろいです『コップ・カー』。テンガロンハット被ってTボーン・ステーキに噛り付くようなアメリカンな映画。ネタバレっていうかネタバレするようなオチとかないんでネタバレないです。

『リチャード・カーン フィルム・コレクション』を観た感想をダラダラと

リチャード・カーンとかいう80年代NYアングラの人、NO WAVEなんつってた人たちと絡んで変な映画撮ってた人の回顧上映行ってきたんでクソ感想ファッキン垂れる。

まさかの猫耳映画『ディーパンの闘い』の感想書くにゃーん

猫と象と団地の映画です。なんか随分可愛いなと思うが、いや別に可愛くは全くない。ドライです。しかし観終わった後に両手を突き上げてイエー!って叫びたくなる希望の映画だったんでそんな感想書いた。

マルクス・ガイドブック『マルクス兄弟のおかしな世界』を読んで感想書く

マルクス兄弟といやぁ我が国ではマニアどもインテリども御用達の喜劇ユニットと化してしまったきらいがありますが、いやそんなコトは無い! と言ってくれる、万人に開かれたマルクス兄弟の最良の入門書になってる本の感想です。

映画『クロスロード』の主人公の暴言に笑いながら感想書く

映画『クロスロード』はキャラ萌え映画だ。そして各所にリアリティがあり、考えさせられる映画でもある。

映画『ホワイト・ゴッド』観たんで悪口感想をワンワン吠える!

うーむ! ワンちゃん大暴走映画『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』、コレあんま面白くなかった! 書くぞ悪口感想!

『サスペンス映画 ここにあり』とゆー映画批評本の感想はココにあり。

川本三郎先生のサスペンス映画評論集『サスペンス映画ここにあり』を読んだ。面白かった。黙って感想書く。

セックス良ければ全て良し映画『午後3時の女たち』の感想書く(童貞)

昼下がりの高級住宅地妻の映画『午後3時の女たち』を観てきた。とにかくセックス大事! とゆー映画なので、童貞にいかほど理解できたか不明ではあるが、感想書く。